2017年07月20日

簡単に調べられるのに

先日、数年前に自身が運営する保育所において、当時1歳の女の子を食塩中毒で死亡させたとして、元施設経営者が逮捕されるという事件があった。
女の子はその日、父親に迎えられて帰宅したのだけど、その時から体調がおかしかったようで・・・。
その後、嘔吐などの症状が出たので病院に搬送されたのだけど、食塩中毒の症状で亡くなってしまったのだそう。
女の子に食塩を与えた元経営者は、危害を加えるつもりはなかったと言っているみたいだけれど、その後の調べで、女の子が約4.5~5gの塩を摂取した可能性があることがわかったらしい。
5gってほんのわずかのように思えるけど、量にすると小さじ一杯分。
たとえ何かの液体に混ぜたのだとしても、大人だってしょっぱすぎると感じるほどの濃度だよね・・・。
ちなみに1歳児の場合、小さじ1杯分の塩を摂取すると中毒症状を引きおこし、死に至る恐れがあるのだそう。
元経営者は具合が悪そうだったので、塩分補給のつもりで与えたと言っているみたいだけど、それにしたって与える量が多すぎると思わなかったんだろうか・・・。
事件当時は8月。場所も盛岡ということで、熱中症が懸念される気温だったのかもしれないけど、普通は適度に水分を補給していればOKのはず。
きっと保育所の経営者でありながら、子供の体のことを理解していなかったんだろうな・・・。
食塩中毒ってそれほど聞かないので、知らない人は多いと思うけれど、それならそれで、自己流の熱中症対策はしてほしくなかったなと思う。
大昔ならいざしらず、2年前なら簡単にネットで調べられただろうしね。  


Posted by cobaltblue at 09:51

2017年07月13日

堂々としすぎ・・・

今朝、ニュース番組を見ていたら、フタ付きのプラスチックのコップに入った飲み物の中に、白い液体を混入している人の映像が流れていて、愕然とした。
どうやらこれは先月の中旬、千葉県にある老人ホームで撮影されたもののようで・・・。映っているのは老人ホームに勤務する准看護師の70代女で、混入さされたのは睡眠導入剤。いわゆる睡眠薬の類いだったらしい。
撮影したのは同じ施設に働く女性職員だったようだけど、そうなるとかなり間近で飲み物に液体を混入していることになる。
実際、その女性職員の話によると、かなり堂々とした様子で、撮影者の前にも他の人がいたというのに犯行に及んでいたみたい。
しかもそのときは他の職員としゃべりながら・・・だそうで、まるで飲み物に砂糖でも入れているかのような感覚だったんだろうなと・・・。
ちなみになぜ撮影しようと思ったのかについては、以前、飲み物を飲んだ後に意識がもうろうとしたことがあって、その日も女が不審な行動をしていたのを目撃したことから、スマホで撮影してみよう・・・と思ったみたい。
女はこの動画が撮影された6日後に、睡眠導入剤を飲ませた傷害の疑いで逮捕されたのだけど、さらにおとといには、別の同僚にも睡眠薬を飲ませて交通事故を起こし、殺害しようとした疑いで逮捕されていたとのこと(汗)
実は今年の2月、同じ施設で働く同僚が交通事故で死亡したことがあったそうで・・・。
当時はハンドル操作を誤って・・・みたいな感じで処理されたんだろうけど、事が発覚した今、もしかしたらその事故も睡眠薬で意識がもうろうとしていたせいだったのかもしれない。
今となっては調べることもできないだろうけど・・・こそこそやってないあたり、狂気を感じる。
こういう人が身近にいたら怖くて仕事どころじゃないよね(汗)  


Posted by cobaltblue at 09:20

2017年07月06日

何が起こるかわからない

今日、東京芸術劇場シアターウエストで俳優さんが落下する事故があったのだそう。
事故があったのはなんと公演中で、60代の男性俳優さんが舞台から約1メートル下にある客席に落下。
共演していた女優の寺島しのぶさんが直ちにスタッフに公演の中止と救急車の搬送を要請し、スタッフが心臓マッサージを行ったのだけれど、俳優さんは立ち上がったり話したりすることができなくなっていたのだとか。
このアクシデントで当日の公演は中止。今日が初日だったそうで、今月の26日まで公演は続く予定だったみたいだけれど・・・今後どうするのかは明日のお昼に発表されるみたい。
今夜の時点ではまだ状態は明らかにされていなかったのだけど・・・すぐに復帰できるようなアクシデントとも思えないので、代役を立てることになるのかな。
いずれにしても、何とか回復してほしいところだけど・・・。
ちなみに落下した時のシーンは、父親役の俳優さんが、娘役の寺島さんと口論し、悔しい気持ちを露わにするところだったんだけど、そこまで激しい動きがあったような場面ではないような・・・。演技に夢中で落ちてしまったのかなあ。
1メートルってそれほどの高さには思えないんだけど、わかっていて飛び降りるのと、足を踏み外して落下してしまうのでは、落ち方がまったく違う。
たとえ高さがなくても落ち方が危険だと大けがにつながるってことなんだよね・・・。
すぐにとは言わなくても、俳優さんが無事に復帰できますように。  


Posted by cobaltblue at 21:07

2017年06月28日

ついに060へ

昨日、「060」から始まる携帯電話の番号を導入する準備が始まったことが明らかになったのだそう。
現行では新規契約の場合、「070」から始まる番号を割り当てられているのだけど、残り2590万番号しかない状態まで来ているそうで。
今年3月末時点での携帯電話の契約数は1億6272万件にも及んでいるというから、番号が枯渇してしまうのは無理ないと思う。
もちろん、090や080はすべて割り当て済み。そこで白羽の矢を立てられたのが060というわけ。
この060という番号、もともと固定電話と移動電話の両方につながることがウリの「FMC」という番号に使われていたものらしいんだけど、FMCのサービス自体は2011年に終了。現在は9000万個もの番号がまったく使われていない状態らしい。
ただ、現時点では060=FMC向けとして省令が制定されているので、まずこれを改正するところから手を付けなきゃいけないみたい。
まあ070も2590万番号残っているので、準備だけ済ませておいて、後は070番号の減り具合を見て決めていく予定なのだとか。
私が初めて携帯電話を所有したのは今から15年以上前のことなので、番号は当然090から始まる11桁。
070と言えば、当時はPHSの番号だったので、途中から携帯電話の番号として使われ始めたのを見ると違和感があったなあ(笑)
でもそれもついこの間の話・・・と思っていたのに、もう枯渇の可能性があるのかあ(^_^;)
まあ実際には、解約して浮いた番号というのがあるので、新しく契約しても090や080になることもあるんだけど。
人によっては1台だけじゃなく、複数の携帯電話を同時契約していることもあるから、こうやってすぐになくなっていくんだろうなあ。  


Posted by cobaltblue at 08:33

2017年06月22日

好みが一致してればいいけどねえ

現在、全国約500ヶ所の市町村で「家読」という活動が推進されているのだそう。
「うちどく」と読むそうなのだけど、最初に字面だけ見た時、「家で読書するのはめずらしくないのでは・・・?」と首をかしげてしまった。
そうしたら、この「家」は「家族」を指しているのだそうで。要するに、家族で読書に親しみ、家庭内コミュニケーションを高める活動なんだそう。
なんでも、小中学校で行われている「朝の読書」の家庭版とも言うべき活動なんだとか。
そういえば、現在小中学校の子ども達2人も、学校で朝の読書をしているって言ってたっけ。
私たち親世代にはなかった習慣なのだけど、なるほど、全国的な取り組みだったのね。
ちなみに読む本はマンガじゃなければジャンルは問わないみたいで。
家から持参してきたものでもいいし、学校や市の図書館で借りてきたものでもOK。
なので、我が息子は友達から借りたラノベを読んだりしているみたい(^_^;)
それまであまり読書していなかったので、学校の決まりとはいえ、読書の習慣がつくのはいいことだなと思う。
まあ最初のうちは、何を読めばいいかわからない~なんて困っていたみたいだけど(^_^;)
子供の頃から読書好きだった私にしてみれば、たとえ朝の10分間だけでも、好きな本を学校で読める・・・っていうのはこの上ない魅力だなあ。
ちなみに朝の読書会は読後の感想は求めないようだけど、家読の場合は、家族みんなで一冊の本を読み、その後に感想を言い合うのが基本的なスタイルらしい。
まあ家族の好みが一致していればそういうこともできるんだろうけどね・・・。
本って好き嫌いがわかれるから、たとえコミュニケーションのためでも、苦手な本を一冊読むっていうのはつらい気もするなあ(^_^;)  


Posted by cobaltblue at 11:11

2017年06月16日

職場に不満があったんだろうけど

今朝、30代の女が大阪市の私立幼稚園に放火した疑いで逮捕されたのだそう。
事が起こったのは先月中旬。幼稚園の2階の教室内にある物置に火がついていて、警備員が消化器で消し止めるという事件が勃発。
結果、塗料が入ったかごや棚は燃えたものの、発見が早かったので大事には至らず。ケガ人などもなかったみたい。
警察が防犯カメラの映像を調べた結果、外部から見知らぬ人が入った形跡はなく・・・。
しかも、出火した時間帯に、犯人の女が教室の中に1人でいたところが目撃されたため、疑いが強まったみたい。
ちなみに逮捕された女は、なんとこの幼稚園の先生・・・。
しかも不審火はこの1件だけではなく、先月末に3階の行動にあるステージ裏の倉庫でも不審火があったということで、おそらく同じ人がやったんだろうな。
今のところ黙秘しているみたいだけれど、まさか先生がそんなことをするとは・・・。
おそらく職場に不満があったとかそういうことだろうけど、どちらの場合も下手したら園舎が全焼する大火事になっていたおそれがあるんだから、いたずらでは済まされないよね。
幼稚園の先生だって人間だから、いろいろあるんだろうけど・・・。
でも、一番ショックなのは子ども達じゃないのかなあ。大好きな先生が実は幼稚園に火をつけていて、逮捕されたなんて・・・。
くわしい事情まではわからなくても、先生が突然幼稚園に来なくなって(さすがにクビになるだろうから)、悲しむ子だっているはず。
職場としての幼稚園に思うところがあるのは仕方ないけれど、子ども達のことは考えてあげられなかったのかな・・・。  


Posted by cobaltblue at 09:16

2017年06月09日

小さく書かれてるから・・・

政府が昨日、2016年度の消費者白書を閣議決定し、公表したのだけど、それによると定期購入契約に関するトラブルがここ数年で急増していることがわかったのだそう。
中でも目立ったのが、「お試し購入」のつもりが、いつの間にか定期購入契約になっていた・・・というケース。
こうしたトラブル相談が全国の消費生活センターに寄せられた件数は、2012年は658件だったそうだけど、2015年には3906件に到達。
さらに2016年度には1万3129件に上ったそうで、前年比3倍以上という増加っぷり。
トラブルのもとになった商品は青汁やダイエットサプリ、コスメなどさまざまだけれど、相談を寄せてきた人の内訳では40代が全体の4分の1を占めていて圧倒的多数。10代や20代も1割以上を占めていたのだそう。
どのメーカーでも、商品を購入してもらうきっかけとして、初回は格安または無料の「お試し品」を提供していることが多い。
中にはお試し品のみの注文で終わりという商品もあるけど、お試し品を購入した時点で次回以降、定期購入するよう設定されているところも少なくないんだよね。
一応、その旨は明記されているんだけど、文字が小さくて見づらいというケースが多いから、気付かずに利用してしまう人が多い。
手頃な価格で手に入るから軽い気持ちで利用してしまうのだろうけれど、自動的に定期契約させられる可能性もゼロじゃないから、利用する時は隅から隅まで注意書きをよく読まないといけないね(ーー;)  


Posted by cobaltblue at 12:15

2017年06月03日

ぱっと見、判別つかないもんね・・・

新潟県三条市にある総合病院にて、当時入院していた70代の男性患者に対して投薬ミスがあったことがわかったのだそう。
病院側が発表したものなのだけど、4月中旬に肝硬変による肝性脳症で入院した男性に対し、1日半にわたって男性の治療とは関係のない薬を投与し続けたそうで。
肝性脳症には「リフキシマ錠」というのが使われるのだけど、内服薬を調剤したときに誤って「リクシアナ錠」が処方されてしまったんだとか。
リクシアナ錠は血液を固まりにくくする薬だそうで、今のところ因果関係は謎だけれど、男性は投与を受けたその日に十二指腸から出血。
内視鏡手術を受けたことで小康状態にはなったものの、今度は消化管から出血し、亡くなったのだそう。
肝硬変からくる肝性脳症というのはかなり重症だそうで、その薬がどれだけの影響を及ぼしたのかはわからないのだけど、それでもミスはミスだからね・・・。
でももみ消さず、きちんと公表して謝罪したのは誠意が見えるなと思う。
ただ、なぜ調剤ミスが起こってしまったのかがわからないと、また同じことが起こってしまう原因になるよね・・・。
「リフキシマ錠」と「リクシアナ錠」って、文字数と最初の「リ」」くらいしか共通点がないけれど、名前から効能が判別できないぶん、間違いに気付きにくい気がする。
似たような名前で、かつ効能がまったく違うという薬があること自体にも問題があるんじゃないのかなあ・・・。
もっと効能がわかりやすい名前とかに変更できないものなんだろうか(汗)  


Posted by cobaltblue at 11:51

2017年05月27日

個人的には気にならないけど

最近、企業の広告が炎上するケースが増えているような気がする。
つい昨日も、ちふれ化粧品がネットで公開していたWeb広告を削除し、謝罪するという事案があったのだそう。
問題となったのは、ちふれ化粧品から発売されている「美白うるおいジェル」という名のオールインワンジェル。
Yahoo!JAPANとの共同企画だったらしいのだけど、「仕事、家事、育児・・・・女磨き、おそろかにしていませんか?」というキャッチコピーが世の女性の批判を買うことになったようで(^_^;)
オールインワンジェルって化粧水や乳液、化粧下地なんかの機能を兼ね備えているから、それ1つでスキンケアを簡単に済ませられるというのが大きな特長のひとつ。
なのでちふれとしては、おそらく「美白うるおいジェルがあれば時短美容ができるから、仕事や家事、育児で忙しい女性でもきちんとスキンケアできますよ~」ということをアピールしたかったんだと思う。
ところが仕事や家事、育児で忙しいのにさらに女磨きまで強要されるなんて!と不快に思った人が結構いた模様。
また、単純にシンプルイズベストを売りにしてきたちふれのイメージとかけ離れているんじゃないかという意見もあり、ネットでは軽い炎上騒ぎになっていたみたい。
くだんの広告はWebでしか公開されていなかったみたいだけれど、ちふれではすぐに広告を削除し、謝罪したというわけ。
個人的には特に不快に思う言葉ではないかなあと思うんだけど・・・たぶん「女」というワードを入れちゃったのが間違いのもとかなと(^_^;)
これがたとえば、「肌磨き」という言葉だったら、反応もまた違ったんじゃないかと思うんだよね。
「女」という言葉を入れてしまうと、その裏に「女なんだから」とか「女のくせに」みたいなネガティブな表現を見いだしてしまうんじゃないのかなあ・・・。  


Posted by cobaltblue at 12:03

2017年05月20日

10:0ですけど(汗)

大和ハウス工業がこの間発表した、共働き夫婦の家事に関する意識調査の結果を見て、ちょっと思うところがあった。
共働き世帯が増えて久しいけれど、未だに全体の8割以上が「妻の家事負担が7割以上」という現実・・・。
しかも認識の違いが明白で、夫は「夫3割:妻7割」で家事を分担していると認識しているのに対し、妻側は「夫1割:妻9割」と思っている人が圧倒的に多かったのだそう。
実際にそれぞれの夫婦の生活を見ないことには断言できないけれど、この認識の違いって、おそらく「家事のすべてを知っているかどうか」から来ていると思うんだよね。
たとえば夫の場合、家事と言えば掃除・洗濯・炊事の3つを真っ先に思い浮かべると思う。
確かに3大家事はその通りなのだけど、実際にはこの他にも家事なんて山ほどあるわけで。
でも夫からしたら、3大家事のうちひとつでも手伝ったら3分の1はやったことになる。
たとえば掃除機をかけたとか、洗濯物を干したとか。
だからこそ10割は3分割できず、3.3333・・・になってしまうので、切りのいいところで3割ってわけ。
でも妻からすれば、掃除・洗濯・炊事以外の家事もあるわけで、掃除機をかけたり洗濯物を干したりするのなんてそのうちのほんの一部でしかない。
だからこそ夫は家事のうち1割しかやっていない・・・と感じるんじゃないのかなあ。
以前、ネットで紙にやっている家事をすべて書き出し、夫がやっているもの、妻がやっているものを仕分けしていったという体験談が掲載されていたけど、あれが一番有効だと思う。
家事というのはこれだけあって、あなたが担当しているのはこれしかない、という事実を突きつければ納得しやすいんじゃないのかなあ。
ちなみにうちも一応共働きなのだけど、家事は9:1どころか10:0の状態・・・(ーー;)
頭にくるけど、あれやって、これやってといちいち指示したり、間違った方法でやられてやり直したりする手間を考えると、自分でやった方が精神的に楽なんだよなあ・・・。
  


Posted by cobaltblue at 12:11