2017年05月27日

個人的には気にならないけど

最近、企業の広告が炎上するケースが増えているような気がする。
つい昨日も、ちふれ化粧品がネットで公開していたWeb広告を削除し、謝罪するという事案があったのだそう。
問題となったのは、ちふれ化粧品から発売されている「美白うるおいジェル」という名のオールインワンジェル。
Yahoo!JAPANとの共同企画だったらしいのだけど、「仕事、家事、育児・・・・女磨き、おそろかにしていませんか?」というキャッチコピーが世の女性の批判を買うことになったようで(^_^;)
オールインワンジェルって化粧水や乳液、化粧下地なんかの機能を兼ね備えているから、それ1つでスキンケアを簡単に済ませられるというのが大きな特長のひとつ。
なのでちふれとしては、おそらく「美白うるおいジェルがあれば時短美容ができるから、仕事や家事、育児で忙しい女性でもきちんとスキンケアできますよ~」ということをアピールしたかったんだと思う。
ところが仕事や家事、育児で忙しいのにさらに女磨きまで強要されるなんて!と不快に思った人が結構いた模様。
また、単純にシンプルイズベストを売りにしてきたちふれのイメージとかけ離れているんじゃないかという意見もあり、ネットでは軽い炎上騒ぎになっていたみたい。
くだんの広告はWebでしか公開されていなかったみたいだけれど、ちふれではすぐに広告を削除し、謝罪したというわけ。
個人的には特に不快に思う言葉ではないかなあと思うんだけど・・・たぶん「女」というワードを入れちゃったのが間違いのもとかなと(^_^;)
これがたとえば、「肌磨き」という言葉だったら、反応もまた違ったんじゃないかと思うんだよね。
「女」という言葉を入れてしまうと、その裏に「女なんだから」とか「女のくせに」みたいなネガティブな表現を見いだしてしまうんじゃないのかなあ・・・。  


Posted by cobaltblue at 12:03

2017年05月20日

10:0ですけど(汗)

大和ハウス工業がこの間発表した、共働き夫婦の家事に関する意識調査の結果を見て、ちょっと思うところがあった。
共働き世帯が増えて久しいけれど、未だに全体の8割以上が「妻の家事負担が7割以上」という現実・・・。
しかも認識の違いが明白で、夫は「夫3割:妻7割」で家事を分担していると認識しているのに対し、妻側は「夫1割:妻9割」と思っている人が圧倒的に多かったのだそう。
実際にそれぞれの夫婦の生活を見ないことには断言できないけれど、この認識の違いって、おそらく「家事のすべてを知っているかどうか」から来ていると思うんだよね。
たとえば夫の場合、家事と言えば掃除・洗濯・炊事の3つを真っ先に思い浮かべると思う。
確かに3大家事はその通りなのだけど、実際にはこの他にも家事なんて山ほどあるわけで。
でも夫からしたら、3大家事のうちひとつでも手伝ったら3分の1はやったことになる。
たとえば掃除機をかけたとか、洗濯物を干したとか。
だからこそ10割は3分割できず、3.3333・・・になってしまうので、切りのいいところで3割ってわけ。
でも妻からすれば、掃除・洗濯・炊事以外の家事もあるわけで、掃除機をかけたり洗濯物を干したりするのなんてそのうちのほんの一部でしかない。
だからこそ夫は家事のうち1割しかやっていない・・・と感じるんじゃないのかなあ。
以前、ネットで紙にやっている家事をすべて書き出し、夫がやっているもの、妻がやっているものを仕分けしていったという体験談が掲載されていたけど、あれが一番有効だと思う。
家事というのはこれだけあって、あなたが担当しているのはこれしかない、という事実を突きつければ納得しやすいんじゃないのかなあ。
ちなみにうちも一応共働きなのだけど、家事は9:1どころか10:0の状態・・・(ーー;)
頭にくるけど、あれやって、これやってといちいち指示したり、間違った方法でやられてやり直したりする手間を考えると、自分でやった方が精神的に楽なんだよなあ・・・。
  


Posted by cobaltblue at 12:11

2017年05月15日

住み分けした方がいいと思う・・・

コンビニ各社がスーパーに対抗するため、日用品の値下げを拡大しているのだそう。
たとえばセブンは先月61品目の価格を引き下げたし、ローソンやファミマ、ミニストップも今月に入ってから30品目程度の日用品を値下げ。
下げ幅はまちまちだけれど、平均5%程度安くなっているそうで、安さが売りのスーパーやドラッグストアに対抗する気満々らしい。
まあ日常的にコンビニを使っている人にはうれしいニュースだろうなと思うんだけど・・・。
ただ、5%くらいの値下げ幅では、まだまだスーパーとかドラッグストアにはかなわないところ。
そもそも商品の品揃えが段違いなので、スーパーからの顧客を引き寄せるほどのインパクトはないかなあという感じ。
まあコンビニで日用品を買うことへの抵抗感が和らいだのは事実だと思うので、これからは「コンビニは高いから面倒でもスーパーに・・・」と思っていた人が、「スーパーに行くのは面倒だし、ちょっとした買い物だからコンビニで済ませちゃおう」と思う可能性はありそう。
ただ、スーパーの方も手をこまねいているわけじゃなく、さらなる値下げを実施しているそうで・・・。
大量発注による恩恵を受けられるスーパーが本気で値下げしたら、コンビニに勝算はないよねえ(^_^;)
スーパーで買える日用品よりも、コンビニでしか買えないものに力を入れたほうが手っ取り早い気がするなあ・・・。
要は住み分けが肝心。価格競争ではスーパーにはやっぱり及ばないもんね(^_^;)  


Posted by cobaltblue at 09:32

2017年05月02日

また見にくくなるの??

インターネットショッピング大手の楽天が、複数のECサービスの商品検索機能を年内に統合する方針を固めたのだそう。
現在は楽天市場なら楽天市場で、楽天ブックスなら楽天ブックスでそれぞれ商品を個別に検索する必要があったのだけど、統合後は楽天のトップページで検索すれば、楽天市場や楽天ブックス、ラクマなど複数のECサイトをまとめて検索し、結果を一括表示できるようになるみたい。
いちいち別のサイトにアクセスしなくてよくなるので便利といえば便利なんだろうな。
ちなみに楽天の主力サービスは「楽天市場」なのだけど、今回の統合にともない、「楽天市場」という名前の廃止も検討しているのだそう。
まあ統合後は、楽天市場の商品だけじゃなく、他のECサイトの検索結果も出てくるわけだから、必ずしも楽天市場という内訳はいらなくなるわけだけど。
ただ、楽天と言えば楽天市場というイメージが固定しているから、それをなくすというのは結構思い切ったことするなあと。
でも問題はそこじゃなくて・・・複数のECサイトの検索機能を統合することで、さらにページが見にくくなるんじゃないかってこと(^_^;)
私は楽天のほかにAmazonとかも利用しているんだけど、Amazonがシンプルなデザインであるのに対し、楽天はとにかく「うるさい」という感じ。
広告が多いのはもちろんなんだけど、1つのページにいろんな情報が凝縮されすぎて、目がちかちかしてしまう・・・。
もともと赤がトレードマークなので、なおさらそういうイメージがつくのかもしれない。
もうちょっとサイトをすっきりしてくれればいいのになあ・・・。そうすればサイトも重くならずに済むのになと思っていたところに統合化の話なので、ちょっと嫌な予感(汗)  


Posted by cobaltblue at 09:53

2017年04月24日

私もあこがれたなあ

東京に、「ぐりとぐら」のパンケーキを出してくれるお店があるんだそう。
ぐりとぐらと言えば、多くの子どもが読んだであろう不朽の名作絵本。
ぐりとぐらはシリーズ化されていろんな作品があるんだけど、初作品である「ぐりとぐら」は中でも一番有名だと思う。
その中に出てくるのが、巨大なパンケーキ。
作中では「カステラ」となっているけど、まあ材料や作り方、出来上がったものを見ると、パンケーキの方が確かにしっくり来る(笑)
カステラっていうと一般的には、四角い形で底が焦げ茶色っていうのが定番だからね。
作り方も材料もとてもシンプルなんだけど、出来上がったふわふわのカステラのイラストはとっても美味しそうで、私を含めてあこがれた人はきっと多いと思う。
実際、ぐりとぐらのカステラのレシピを掲載した本っていくつかあるしね。
でも実際にぐりとぐらのカステラパンケーキと称して料理を出しているお店っていうのはなかなかない。
画像を見てみたんだけど、小さめのフライパンにこんもりとしたパンケーキが乗っかっていて、その上にバターがたっぷり。
なるほど、これは確かにぐりとぐらのカステラパンケーキの名前にふさわしい感じ(^_^)
もちろん「ぐりとぐら」という名前を冠しているんだから、原作者に許可をもらっているんだろうなあと思ったら、なんと無許可だったらしくΣ(゚Д゚)
でも先日、原作者の方が実際に店に来て、喜んで食べて行ったんだって。
人によっては怒り出すところだろうけれど・・・そういう懐の深さはさすがだなあ。
  


Posted by cobaltblue at 12:25

2017年04月15日

○○だから・・・

先日、ネットで女性が「ぼく」という一人称を使うのはおかしいのか?という問題を提起した記事を見かけた。
私は知らなかったのだけど、少し前に仮面ライダーのベルトが欲しいとねだったら、「女の子だから」という理由で買ってもらえず、泣いてしまうという女の子の動画が話題になったのだそう。
それとは別に、ツイッターにアップされたマンガでも、「ぼく」という女の子に対し、「女の子らしくない」という理由でストップをかけるお母さんが描かれたのだそう。
英語では男も女も一人称は「I」で統一されていて、そこに性差別というのはない。
一方、日本では同じ「I」でも、僕・私・俺・わしなどいろんなバリエーションがある。方言まで入れたらその数は何倍にもふくれあがるはず。
でもそれだけ選択肢がありながら、女性は「わたし」や「あたし」くらいしか許されない。
男性は「僕」や「俺」のほかに、「私」といったっておかしくないのに。
そう考えると、確かに不公平だなあという気がしないでもない。
なので個人的には、自分が好きな一人称を使ってもいいんじゃないかなとは思う。
でも、日本という国に住んでいる以上、郷に入っては郷に従えの精神で、ある程度はTPOをわきまえるべきだと思うんだよね。
たとえば家族や気の知れた友人の前でなら、女の子でも「ぼく」でOK。
でも、公の場や社会の場では、やっぱり「わたし」と使った方がいいと思う。
男性だって公の場では「ぼく」または「わたし」が一般的で、「俺」はふさわしくないと思われるしね。
そしてそういう文化が根ざしている以上、「ぼく」と使った時に奇異の目で見られることもある程度覚悟しなきゃいけないかなと思う。
それだって、根幹には「I」にいろんなバリエーションを持たせるという日本文化の一面なんだしね。
  


Posted by cobaltblue at 07:55

2017年04月10日

べつに気にならないけどなあ

先日、とある質問掲示板サイトで、運転できない人を助手席に乗せるとイラつくという内容の投稿をした人がいるのだそう。
投稿した人は、免許を持っていない友達を車に乗せることがあるのだけど、助手席に乗っているにもかかわらず、ドライバーをまったくサポートしてくれないことに驚きを隠せないのだそう。
たとえば道に迷った場合、地図やスマホで調べてくれないとか。ずっとおしゃべりしてきて運転の邪魔をするとか。バックで見にくい時に手伝ってくれないとか。しまいには勝手に寝てしまうなどなど・・・。
私は自分で免許を持っていて運転もするけれど、もし免許を持っていない友人が助手席に座った場合・・・↑のようなことをしても別に気にならないけどなあ。
そもそも、免許を持たない=自分で運転したことがない人に、ドライバーの気持ちを察しろなんてのは無理な話。
逆に運転できる人じゃないと、助手席でかいがいしくサポートなんてできないと思うんだよね。
だからこの場合、何も言わなくても察して・・・じゃなく、「ちょっと地図見てくれない?」とか「スマホで調べてくれない?」とか、自分から言えばいいのにと思う。
これが目上の人とかだったら頼みにくい・・・っていうのはわかるけど、友人だったら気軽に頼めるよねえ?
左後方が見えないっていうのも、運転席に座らなきゃわからないことだし。
おしゃべりにしたって、無言で運転していると眠くなるかなあ?と思って、本人なりに気づかった結果なのかもしれないしね。
逆に私は、運転できる人を隣に乗せる方が緊張するなあ・・・。運転がわかるぶん、内心下手だと思われてるんじゃないかとか考えると気が気じゃない(汗)  


Posted by cobaltblue at 10:01

2017年04月01日

ネットスーパーならではの強み

流通大手の西友が運営しているネットスーパー「SEIYUドットコム」が、今月4日から再配達の有料化を開始するのだそう。
もともとSEIYUドットコムでは、配達の日時を指定できるぶん、もしその日時に不在で再配達を余儀なくされた場合、再配達後に400円を振り込むというルールをもうけていた。
ところが「再配達後」というのが災いしたのか、再配達されても実際に再配達料が振り込まれることはあまりなかったのだそう。
そこで4日からは、決済時に400円を加算して徴収するというシステムに変更。
これなら否応なしに400円が徴収されるというわけ。
再配達には相応のコストがかかるというのは周知の事実だけれど、ネットスーパーになると、さらに冷凍や冷蔵品の配達も多くて、場合によっては廃棄しなきゃいけないこともあったらしい。
それだけでも余計なコストが発生するわけなので、今後は再配達料の徴収を徹底し、少しでも無駄を減らそうという目論見みたい。
もちろん、徴収制度の強化にともない、再配達の申込システムも改善。
これまではコールセンターに電話しなきゃいけなかったのだけど、今後はWebからも可能になり、翌日の午後2時までならいつでも受付できるようになったみたい。
これなら「忙しくて再配達の申込ができなかった」なんて言い訳も通用しないもんね(^_^;)
個人的にはこの試みには賛成。宅配ドライバーさんの負担も軽減されるだろうなあ。
でもこれって、後払いできるネットスーパーならではの利点だよね。普通の宅配だとこうはいかないもんなあ(^_^;)  


Posted by cobaltblue at 08:58

2017年03月27日

許せない事件

昨日、ショッキングなニュース見た。
千葉県我孫子市の排水路脇で、10歳くらいの女の子の遺体が見つかったと・・・。
遺体は全裸だったそうで、最初は身元がわからなかったみたいなのだけど、同時期に松戸市で9歳の女の子が行方不明になるという事件が発生していたそうで。
そこで身元照会をしたら、やはりその行方不明になっていた9歳の子だったらしい。
女の子は今月の24日朝、学校に登校したのだけど、学校に到着した気配はなく、そのまま行方不明に。
そこで家族が届出をしていたのだけど、最悪の結果になってしまった・・・。
しかもこの日は終業式。翌日から春休みだったというのに・・・。
女の子の自宅から小学校までは徒歩約10分。それほど遠いわけじゃなく、むしろ近い部類に入るんじゃないかと思うし、通学路の途中に子どもたちの登校を見守るボランティアの女性が立っていたそうなのだけど、女の子の姿は見ていないとのこと。
女性が立っていたのはちょうど中間地点。ということは、自宅から徒歩5分くらいの間に何者かに連れ去られたということなのかな。
通っていた学校では集団登校の習慣はないものの、近所の子供たちと一緒に登校するよう呼びかけてはいたのだそう。
でも近くに友達がいなかったりしたら、やっぱり一人で登校することの方が多いよね。この子も普段は1人で通学していたようだし・・・。
うちにも小学校4年生の娘がいるので、登校中に事件に巻き込まれたというのはショック。しかも人里離れたところを歩いていたわけでもないのに・・・。
あまりにも自宅から近い距離だから、もしかしたら突発的なものではなく、この子を初めから狙っていたのかもしれない。
いずれにしても、こんな非道な真似をする犯人は一刻も早く捕まえて欲しい。  


Posted by cobaltblue at 07:08

2017年03月18日

親の呼び方

子どもとお出かけ情報サイトの「いこーよ」で、親の呼び方についてのアンケート調査が行われたのだそう。
それによると、7割以上がお子さんから「パパ、ママ」と呼ばれているそうで・・・。次点であるお父さん、お母さんが2割ほどなので、かなり圧倒的多数だったみたい。
まあこの「いこーよ」というサイト、子どもとお出かけできる場所や情報を配信しているところなので、利用しているのも小さいお子さんを持つ保護者の方なんだろうから、こういう結果になるのは自然かなと思う。
うちの場合、中学生の長男と小学生の長女がいるのだけど、幼稚園まではどちらも「パパ、ママ」だった。
ただ、長男に関しては、小学校に上がったら「お父さん、お母さん」と呼ばせることに決めていたので、年長さんの夏休みから「お父さん、お母さん」と呼ぶようにと教え込んだ。
最初のうちは言いにくそうにしていたけれど、毎日言い続けるようにしたら1年生になるまでにはお父さん、お母さんが自然に出るようになった。
一方、娘の方も一応声がけはしたものの、長男ほどしっかりやったわけではなく・・・。
二人目でルーズになっていたっていうのもあるんだけど(^_^;)やっぱり女の子だからっていうのが大きいかも。
今は女の子だと大きくなってもパパママ呼びしている子も多いしね。
それに兄の影響なのか、娘もたまにお母さんと呼ぶこともあり・・・今は半々という感じ。
中学生になったらさすがにお父さん、お母さん呼びを定着させようとは思っているけど、小学生のうちはまだいいかなあ。
でも長男に聞いたら、友達の中でも未だにパパママ呼びしている子がいるということでびっくりΣ(゚Д゚)今はそういう時代なんだなあ・・・。  


Posted by cobaltblue at 11:41