2017年04月15日

○○だから・・・

先日、ネットで女性が「ぼく」という一人称を使うのはおかしいのか?という問題を提起した記事を見かけた。
私は知らなかったのだけど、少し前に仮面ライダーのベルトが欲しいとねだったら、「女の子だから」という理由で買ってもらえず、泣いてしまうという女の子の動画が話題になったのだそう。
それとは別に、ツイッターにアップされたマンガでも、「ぼく」という女の子に対し、「女の子らしくない」という理由でストップをかけるお母さんが描かれたのだそう。
英語では男も女も一人称は「I」で統一されていて、そこに性差別というのはない。
一方、日本では同じ「I」でも、僕・私・俺・わしなどいろんなバリエーションがある。方言まで入れたらその数は何倍にもふくれあがるはず。
でもそれだけ選択肢がありながら、女性は「わたし」や「あたし」くらいしか許されない。
男性は「僕」や「俺」のほかに、「私」といったっておかしくないのに。
そう考えると、確かに不公平だなあという気がしないでもない。
なので個人的には、自分が好きな一人称を使ってもいいんじゃないかなとは思う。
でも、日本という国に住んでいる以上、郷に入っては郷に従えの精神で、ある程度はTPOをわきまえるべきだと思うんだよね。
たとえば家族や気の知れた友人の前でなら、女の子でも「ぼく」でOK。
でも、公の場や社会の場では、やっぱり「わたし」と使った方がいいと思う。
男性だって公の場では「ぼく」または「わたし」が一般的で、「俺」はふさわしくないと思われるしね。
そしてそういう文化が根ざしている以上、「ぼく」と使った時に奇異の目で見られることもある程度覚悟しなきゃいけないかなと思う。
それだって、根幹には「I」にいろんなバリエーションを持たせるという日本文化の一面なんだしね。
  


Posted by cobaltblue at 07:55

2017年04月10日

べつに気にならないけどなあ

先日、とある質問掲示板サイトで、運転できない人を助手席に乗せるとイラつくという内容の投稿をした人がいるのだそう。
投稿した人は、免許を持っていない友達を車に乗せることがあるのだけど、助手席に乗っているにもかかわらず、ドライバーをまったくサポートしてくれないことに驚きを隠せないのだそう。
たとえば道に迷った場合、地図やスマホで調べてくれないとか。ずっとおしゃべりしてきて運転の邪魔をするとか。バックで見にくい時に手伝ってくれないとか。しまいには勝手に寝てしまうなどなど・・・。
私は自分で免許を持っていて運転もするけれど、もし免許を持っていない友人が助手席に座った場合・・・↑のようなことをしても別に気にならないけどなあ。
そもそも、免許を持たない=自分で運転したことがない人に、ドライバーの気持ちを察しろなんてのは無理な話。
逆に運転できる人じゃないと、助手席でかいがいしくサポートなんてできないと思うんだよね。
だからこの場合、何も言わなくても察して・・・じゃなく、「ちょっと地図見てくれない?」とか「スマホで調べてくれない?」とか、自分から言えばいいのにと思う。
これが目上の人とかだったら頼みにくい・・・っていうのはわかるけど、友人だったら気軽に頼めるよねえ?
左後方が見えないっていうのも、運転席に座らなきゃわからないことだし。
おしゃべりにしたって、無言で運転していると眠くなるかなあ?と思って、本人なりに気づかった結果なのかもしれないしね。
逆に私は、運転できる人を隣に乗せる方が緊張するなあ・・・。運転がわかるぶん、内心下手だと思われてるんじゃないかとか考えると気が気じゃない(汗)  


Posted by cobaltblue at 10:01

2017年04月01日

ネットスーパーならではの強み

流通大手の西友が運営しているネットスーパー「SEIYUドットコム」が、今月4日から再配達の有料化を開始するのだそう。
もともとSEIYUドットコムでは、配達の日時を指定できるぶん、もしその日時に不在で再配達を余儀なくされた場合、再配達後に400円を振り込むというルールをもうけていた。
ところが「再配達後」というのが災いしたのか、再配達されても実際に再配達料が振り込まれることはあまりなかったのだそう。
そこで4日からは、決済時に400円を加算して徴収するというシステムに変更。
これなら否応なしに400円が徴収されるというわけ。
再配達には相応のコストがかかるというのは周知の事実だけれど、ネットスーパーになると、さらに冷凍や冷蔵品の配達も多くて、場合によっては廃棄しなきゃいけないこともあったらしい。
それだけでも余計なコストが発生するわけなので、今後は再配達料の徴収を徹底し、少しでも無駄を減らそうという目論見みたい。
もちろん、徴収制度の強化にともない、再配達の申込システムも改善。
これまではコールセンターに電話しなきゃいけなかったのだけど、今後はWebからも可能になり、翌日の午後2時までならいつでも受付できるようになったみたい。
これなら「忙しくて再配達の申込ができなかった」なんて言い訳も通用しないもんね(^_^;)
個人的にはこの試みには賛成。宅配ドライバーさんの負担も軽減されるだろうなあ。
でもこれって、後払いできるネットスーパーならではの利点だよね。普通の宅配だとこうはいかないもんなあ(^_^;)  


Posted by cobaltblue at 08:58

2017年03月27日

許せない事件

昨日、ショッキングなニュース見た。
千葉県我孫子市の排水路脇で、10歳くらいの女の子の遺体が見つかったと・・・。
遺体は全裸だったそうで、最初は身元がわからなかったみたいなのだけど、同時期に松戸市で9歳の女の子が行方不明になるという事件が発生していたそうで。
そこで身元照会をしたら、やはりその行方不明になっていた9歳の子だったらしい。
女の子は今月の24日朝、学校に登校したのだけど、学校に到着した気配はなく、そのまま行方不明に。
そこで家族が届出をしていたのだけど、最悪の結果になってしまった・・・。
しかもこの日は終業式。翌日から春休みだったというのに・・・。
女の子の自宅から小学校までは徒歩約10分。それほど遠いわけじゃなく、むしろ近い部類に入るんじゃないかと思うし、通学路の途中に子どもたちの登校を見守るボランティアの女性が立っていたそうなのだけど、女の子の姿は見ていないとのこと。
女性が立っていたのはちょうど中間地点。ということは、自宅から徒歩5分くらいの間に何者かに連れ去られたということなのかな。
通っていた学校では集団登校の習慣はないものの、近所の子供たちと一緒に登校するよう呼びかけてはいたのだそう。
でも近くに友達がいなかったりしたら、やっぱり一人で登校することの方が多いよね。この子も普段は1人で通学していたようだし・・・。
うちにも小学校4年生の娘がいるので、登校中に事件に巻き込まれたというのはショック。しかも人里離れたところを歩いていたわけでもないのに・・・。
あまりにも自宅から近い距離だから、もしかしたら突発的なものではなく、この子を初めから狙っていたのかもしれない。
いずれにしても、こんな非道な真似をする犯人は一刻も早く捕まえて欲しい。  


Posted by cobaltblue at 07:08

2017年03月18日

親の呼び方

子どもとお出かけ情報サイトの「いこーよ」で、親の呼び方についてのアンケート調査が行われたのだそう。
それによると、7割以上がお子さんから「パパ、ママ」と呼ばれているそうで・・・。次点であるお父さん、お母さんが2割ほどなので、かなり圧倒的多数だったみたい。
まあこの「いこーよ」というサイト、子どもとお出かけできる場所や情報を配信しているところなので、利用しているのも小さいお子さんを持つ保護者の方なんだろうから、こういう結果になるのは自然かなと思う。
うちの場合、中学生の長男と小学生の長女がいるのだけど、幼稚園まではどちらも「パパ、ママ」だった。
ただ、長男に関しては、小学校に上がったら「お父さん、お母さん」と呼ばせることに決めていたので、年長さんの夏休みから「お父さん、お母さん」と呼ぶようにと教え込んだ。
最初のうちは言いにくそうにしていたけれど、毎日言い続けるようにしたら1年生になるまでにはお父さん、お母さんが自然に出るようになった。
一方、娘の方も一応声がけはしたものの、長男ほどしっかりやったわけではなく・・・。
二人目でルーズになっていたっていうのもあるんだけど(^_^;)やっぱり女の子だからっていうのが大きいかも。
今は女の子だと大きくなってもパパママ呼びしている子も多いしね。
それに兄の影響なのか、娘もたまにお母さんと呼ぶこともあり・・・今は半々という感じ。
中学生になったらさすがにお父さん、お母さん呼びを定着させようとは思っているけど、小学生のうちはまだいいかなあ。
でも長男に聞いたら、友達の中でも未だにパパママ呼びしている子がいるということでびっくりΣ(゚Д゚)今はそういう時代なんだなあ・・・。  


Posted by cobaltblue at 11:41

2017年03月13日

ドローン墜落はよくあるけど・・・

昨日の午後、京都市でラジコンが原因の火災事故が発生したのだそう(汗)
119番宛てに「ラジコンが落ちて火が付いた」という通報があったそうで・・・。
実際現場に行ってみたら、河川敷の葦などに火が付いていて、消防車15台が鎮火にあたったみたい。
かなりの数だけれど、それもそのはずで、現場は広い河川敷。
今の時期特有の枯れ草がいっぱいあったため火の回りも早くて、15台出動しても鎮火するまでに約2時間10分もかかったのだそう。
それでも約22.5ヘクタールが焼けたということで・・・。
幸いにもケガ人はいなかったみたいだけれど、ヘリから撮影したという画像を見る限り、かなり大規模な火災だったのだということがうかがえる。
どうやら無線で操縦するタイプの電動ヘリが墜落したのが出火の原因みたい。
なぜ落っこちたのか、そしてなぜ火が付いたのかはわかっていないみたいだけど、もともとショートしたのが墜落の原因なのかな?
で、枯れ草に落ちて、漏電のせいで火が付いたとか。
河川敷でラジコンで遊んで落下する・・・なんてのはありがちな話だけど、まさか出火するとは思わないよね(汗)
ただ、ヘリはよくあるおもちゃのような感じではなく、全長1.6メートルほどある大型のものみたいで。
しかも河川敷に直接行って飛ばしていたわけじゃなく、近くにある京都模型飛行場から飛び立たせたものみたい。
ということはドローンに近い?というか、ラジコンじゃなくてドローンだったのでは?
ドローンが操縦不能になって落下したとか激突したなんて話はよく聞くけれど・・・こういう事故にも発展するから要注意だね(汗)  


Posted by cobaltblue at 09:42

2017年03月07日

公道カート、問題多いのか

おとといの午後、東京都港区の交差点にて、行動カートが交番の外壁にぶつかる事故があったのだそう。
運転していたのは20代の外国人観光客。交差点を左折しようとしたところ、曲がりきれずに交番の壁に突っ込んでしまったらしい(汗)
幸い、ドライバーにも交番にいた警官にもケガはないし、巻き込まれた歩行者等もいなかったみたい。
ちなみにドライバーが運転していたのはレンタル制のカート。
当時は同じようにレンタルカートを利用している仲間と集団で走っていたらしいけど、一人だけカーブを曲がりきれなかったんだろうな。
事故自体はさほどめずらしい内容ではないけれど、運転していたのが今何かと注目の公道カートだからネットニュースになったのかも?(^_^;)
先日の騒動は著作権侵害行為が焦点だったけれど、もともと公道カートについては、車高が低くてまわりの車から見えにくいとか、安全上の問題も指摘されていたみたい。
今回は他の車と接触したわけじゃなく、完全なる自爆だけれど、レンタルカートについては今後いろんな面で問題になりそう・・・。
主に首都圏で提供されているサービスみたいだけど、首都圏の道路って入り組んでいるし、交通量だって多いもんね・・・。
私は地方住みだけど、自分で運転することがあるから、もし車高の低い公道カートが近くを走っていたらやっぱり怖いもんなあ。
たぶん普通の車よりスピードもそれほど出ないんだろうし・・・。しかもそれが集団となると、ね(^_^;)  


Posted by cobaltblue at 06:44

2017年02月28日

それじゃ公民館じゃないじゃん(ーー;)

公民館というのは読んで字のごとく、市民のための公共施設なわけだけど、その公民館の使用を巡って北海道深川市に批判が寄せられているのだそう。
公民館の使用には一定のルールがあり、それをクリアした個人や団体が使用の許可をもらえる。
一般に、社会教育法では公民館にて営利目的のみの事業を行うことは禁じているのだけど、その催しが営利目的か否か判断するのは自治体の裁量に委ねているのが現状。
で、深川市の場合、その判断基準がかなり厳しめのようで・・・。
たとえばピアノ教室やバレエ教室の発表会も、入場料を徴収する以上、「営利目的」とみなされるからNG。
サークルや同好会など愛好者たちがハンドメイドしたものを販売するイベントも「営利活動」とみなされるためNG。
さらに先日、ろう者と健常者が一体になって作る人形劇団の公演も営利目的とみなされて却下されたのだそう。
あれもだめ、これもだめとなると、一体どんなものなら許可がおりるのやら(汗)
ただ、人形劇団の公演に関しては、別の施設での開催が決まった後、なぜか一転して使用を許可したそうで・・・。
まあおそらく、市民か外部から批判を受けて、あわてて手のひら返したってところなんだろうな(ーー;)
まあ市民の税金で管理・維持されている公民館が特定の団体・個人の営利活動に使用されるというのはまずいんだろうけれど。
でも他でもない市民の活動がガチガチの規則によって制限されたんじゃ、一体誰のための公民館なのか?と疑問になってしまうよね。
だいたい、公民館そのものが市民の血税でまかなわれている以上、市民の活動を必要以上に制限するのはおかしい話じゃないのかなあ。  


Posted by cobaltblue at 09:54

2017年02月22日

余計なことするから(汗)

福岡県にあるとある外科病院が、手術中にピースサインをした写真をアップしたとして、物議を醸しているのだそう。
画像の中央には手術中らしい医師が背中を見せて写っているのだけど、その隣に2人の看護師がいて、両方ともピースサイン・・・。
画像には患者さんの腕も写っていて、どうやら腕の手術中に撮影されたものらしい。
これを看護師の一人がSNSにアップしたことから、事が発覚したというわけ。
厳粛なオペの最中に、ピースサインで写真撮影なんてどう考えても不謹慎だし、あり得ないことだと思うのだけど(汗)
院長曰く、写真撮影は院長の指示だったそうで、どうやら院長は自分の最後のオペを記念撮影しておきたかったらしい。
まあ人生最後の手術ということで、記念撮影しておきたかった気持ちはわかるけれど・・・・。
でもそれなら、手術している様子を普通に何枚か撮影して、現像して手元に置いておけばそれでよかったんじゃないかと。
なぜ看護師がピースサインで写る必要があるのか、そしてSNSにアップロードする必要があるのかが理解できない・・・。
手術は成功したのだろうけど、患者さんからしたら、自分の手術の様子を勝手に撮影された挙げ句、SNSにアップされたなんて知ったらいい気はしないだろうし、大体、そんな緩い環境で手術なんてされたらたまったもんじゃないよね(汗)
何事もなかったからよかったものの、これでもし患者さんにもしものことがあったら・・・と思うとやっぱり軽率だったと思う。
それにしても人生最後の手術だったのに、余計なことしたせいでかえって味噌がついちゃったねえ・・・。  


Posted by cobaltblue at 09:00

2017年02月15日

こんなのばっかりじゃないから・・・

先日、既婚者でありながら独身の女性と結婚披露宴を挙げようとした福岡県警の男性巡査部長が懲戒処分を受けたというニュースが報じられた。
男性にしてみれば不倫関係だったわけだけど、相手の女性は男性が既婚者とは知らずに交際していたようで・・・。
交際は数年前から始まっていて、なんと自分の親にも会わせていた模様。
そして去年の6月中旬に式場を予約し、さらには実際には読んでいない人の名前を書いた席次表を作るなどの偽装工作までしていたというからすごい(汗)
そして去年の11月下旬、予約していた会場で披露宴を開こうとしたのだけど、当然新郎側の親戚は呼んでいないので来るはずもなく。
それを不審に思った女性の親族が、披露宴が始まる前に男性に尋ねたところ、そこでようやく自分が既婚者であることを認めたらしい(汗)
当然親族からつるし上げにあったのだけど、そこで男性は事もあろうに自分の親族に連絡。
親族は監禁でもされたんじゃないかと不安になり、警察に通報→警察が式場に駆けつけて大混乱・・・という、コメディ映画のような事態になったらしい(^_^;)
まあ男性が警察官ということで、普通のサラリーマンに比べればトラブルに遭いやすい立場だから、親族も心配したんだろうなあ・・・。
まさか男性自身がトラブルの火種だとは思ってもみないだろうからね(^_^;)
それにしてもこの中で一番の被害者は、男性の奥さんと、今回結婚するはずだった相手の女性だよね・・・。
二人は不倫関係だったけど、女性にしてみれば不倫していたとは思ってもいなかったわけで。
数ヶ月前から式場を予約して、そのための準備もして、ようやく当日にこぎつけたらこんなことになって・・・。
確実に男性不信に陥るだろうなあ・・・。世の中にはこんなのばっかりじゃないから、何とか立ち直ってほしいと思う。  


Posted by cobaltblue at 12:12