2017年05月15日

住み分けした方がいいと思う・・・

コンビニ各社がスーパーに対抗するため、日用品の値下げを拡大しているのだそう。
たとえばセブンは先月61品目の価格を引き下げたし、ローソンやファミマ、ミニストップも今月に入ってから30品目程度の日用品を値下げ。
下げ幅はまちまちだけれど、平均5%程度安くなっているそうで、安さが売りのスーパーやドラッグストアに対抗する気満々らしい。
まあ日常的にコンビニを使っている人にはうれしいニュースだろうなと思うんだけど・・・。
ただ、5%くらいの値下げ幅では、まだまだスーパーとかドラッグストアにはかなわないところ。
そもそも商品の品揃えが段違いなので、スーパーからの顧客を引き寄せるほどのインパクトはないかなあという感じ。
まあコンビニで日用品を買うことへの抵抗感が和らいだのは事実だと思うので、これからは「コンビニは高いから面倒でもスーパーに・・・」と思っていた人が、「スーパーに行くのは面倒だし、ちょっとした買い物だからコンビニで済ませちゃおう」と思う可能性はありそう。
ただ、スーパーの方も手をこまねいているわけじゃなく、さらなる値下げを実施しているそうで・・・。
大量発注による恩恵を受けられるスーパーが本気で値下げしたら、コンビニに勝算はないよねえ(^_^;)
スーパーで買える日用品よりも、コンビニでしか買えないものに力を入れたほうが手っ取り早い気がするなあ・・・。
要は住み分けが肝心。価格競争ではスーパーにはやっぱり及ばないもんね(^_^;)


Posted by cobaltblue at 09:32

削除
住み分けした方がいいと思う・・・