2017年05月20日

10:0ですけど(汗)

大和ハウス工業がこの間発表した、共働き夫婦の家事に関する意識調査の結果を見て、ちょっと思うところがあった。
共働き世帯が増えて久しいけれど、未だに全体の8割以上が「妻の家事負担が7割以上」という現実・・・。
しかも認識の違いが明白で、夫は「夫3割:妻7割」で家事を分担していると認識しているのに対し、妻側は「夫1割:妻9割」と思っている人が圧倒的に多かったのだそう。
実際にそれぞれの夫婦の生活を見ないことには断言できないけれど、この認識の違いって、おそらく「家事のすべてを知っているかどうか」から来ていると思うんだよね。
たとえば夫の場合、家事と言えば掃除・洗濯・炊事の3つを真っ先に思い浮かべると思う。
確かに3大家事はその通りなのだけど、実際にはこの他にも家事なんて山ほどあるわけで。
でも夫からしたら、3大家事のうちひとつでも手伝ったら3分の1はやったことになる。
たとえば掃除機をかけたとか、洗濯物を干したとか。
だからこそ10割は3分割できず、3.3333・・・になってしまうので、切りのいいところで3割ってわけ。
でも妻からすれば、掃除・洗濯・炊事以外の家事もあるわけで、掃除機をかけたり洗濯物を干したりするのなんてそのうちのほんの一部でしかない。
だからこそ夫は家事のうち1割しかやっていない・・・と感じるんじゃないのかなあ。
以前、ネットで紙にやっている家事をすべて書き出し、夫がやっているもの、妻がやっているものを仕分けしていったという体験談が掲載されていたけど、あれが一番有効だと思う。
家事というのはこれだけあって、あなたが担当しているのはこれしかない、という事実を突きつければ納得しやすいんじゃないのかなあ。
ちなみにうちも一応共働きなのだけど、家事は9:1どころか10:0の状態・・・(ーー;)
頭にくるけど、あれやって、これやってといちいち指示したり、間違った方法でやられてやり直したりする手間を考えると、自分でやった方が精神的に楽なんだよなあ・・・。



Posted by cobaltblue at 12:11

削除
10:0ですけど(汗)